二重の手術

顔に触れる女性

手術法と費用について

二重手術の種類は2種類あります。切開法と埋没法の2つです。まず、埋没法は、メスを使わない施術です。まぶたに糸を使って縫い付けて、二重に見せます。切開を行わないので、安心感があり、規模が小さくて済みます。また、費用もお手頃で、10万円ほどで受けることが可能です。「メスをいれるのは怖い」という人にもおすすめの方法と言えます。また、時間もあまりかからないので、忙しい人にもおすすめの方法です。まずはこの方法に興味をもってやってみる人が多いです。また、この手術から整形にはまったという人も多くいます。麻酔が必要ないので、安心感があります。そして、手術後に形がおかしいと感じた時に治せるのもいいところです。今手軽にできる方法として注目を集めています。しかし、埋没法は一重に戻ってしまう可能性があります。糸が緩んだり、切れたりする可能性がないとはいえないからです。その場合はやり直しも可能ですが、何度も施術すると不自然な目になってしまうこともあるので注意しておきましょう。また、手術の糸が目を刺激する可能性があることも指摘されています。そのような危険性も含めてしっかり医師と相談して決めるようにしましょう。もう一方の方法は切開法です。腫れぼったくまぶたの脂肪が多い人にはこちらの方法がいいとされています。まず、まぶたについて脂肪を取ります。それから、二重を作っていくのです。ただ二重になっただけではないスッキリした印象になります。麻酔を使用し、手術室で行われます。そうはいっても手術時間は1時間以内に収まることがほとんどで、ダウンタイムも1週間程度です。費用は埋没法より高く、25万円程度かかります。しかし、埋没法に比べて、一重に戻ってしまうということはありません。何度も施術するのは嫌!1回で終わらせたいという人におすすめです。また、こんな目にしたいという印象もオーダーできるので、自分好みの二重にしたいという人も切開法を選ぶことが多いのです。また、まぶたの脂肪が多い人の場合、脂肪をとるだけで二重になることもあるそうです。切開法を受けるのは少し抵抗あるけれど、腫れぼったい目はいやと思っている人にはおすすめの方法です。この場合は、まぶたに小さな穴を開けて、手術をするので傷も残りにくいですよ。また、二重にならなかったとしても、脂肪がなくなることで、冷たい印象が和らいだという人も多いです。この脂肪取りをしたあとに、埋没法をするという人も多いので、最大限二重にしたいけれど、メスは怖いという人は検討してみてはいかがでしょうか?こちらも25万円程度で受けることができますよ。術後も多少の腫れで済んでしまいます。

Copyright© 2019 コンプレックスを解消しよう!二重整形の費用とは? All Rights Reserved.